So-net無料ブログ作成
検索選択

プレアデスの夜 [poem]

プレアデスの夜


もちろん過去に戻りたいわけではない
そんな風に決めつけないで
あなたの後ろに風が渡る

気持ちなんてそう簡単に 変わるものじゃないだろう
こんなのどかな晩秋の夜に どうしてそんなセリフが言えるかな
まだ若いプレアデスの7つの星の 小さい1つが私には見えない

声を聞かせて  背中越しに

言葉なんかじゃ涙はあげない  心のこもった愛にして

長い沈黙 明ける空
白く目覚める 陽光の輝き
どんなに冷たくても 夜は終わる

A week has 7 days forever.

**********************************************************************

2005-Sep-8th 
まず私が書いた詩にbfield さんが画像をつけてくれました。
(プレアデス星団は冬の星座ですが、晩秋から観られるようです)



nice!(10)  コメント(23)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。